気の向くままに

アクセスカウンタ

zoom RSS 南鳥羽 料理の宿 銀鱗

<<   作成日時 : 2018/11/13 18:03   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 4

15時 鳥羽駅宿泊施設専門の駐車場でお迎え予約

どこにと行く当てもないので、14:30頃からベンチで待っていた

いろいろなお宿のバスやワゴン あのロングなベンツ迄

入れ替わり立ち代わり出入りしていく

15時前 ぼちぼちお迎えの車が来ても良い頃・・・


お宿の人は一向に見えない

主人が「さっきから向こうに小さなワゴンが止まっているけれど・・・」

で 見に行った

ワゴンには小さな字で「銀鱗」と書いてあった

運転手さんは高齢のお爺さん  降りてくる様子もない

「銀鱗さんですか」 ウンとうなづいた

走り出した車「どこか回ってられたのですか」「いいえ 別段どこにも」

「・・・」そのあと無言が続いた


パールロードを牡蠣で有名な浦村へ

軒並みに牡蠣のお店が並んでいる所を通り過ぎ

ポツンと二階建ての小さなお宿

画像


客室7部屋のお宿です

車の中からプップ〜と到着合図

誰も迎えに出てこない  玄関入って  フロントに人がいない

チ〜ンとベルを鳴らすと2階から「はぁ〜い」とおばあさんが・・・女将さんらしいです

呑気できらくなお宿やぁ〜

部屋に案内された 

 
画像


別段なんとは無い部屋だけれども清潔感はあった

冷蔵庫に料金表が置いてない

部屋の案内書もない  

サイズ変更した浴衣を置いて何の説明もなくおばあさん(おかみさん)は部屋から出ていった


なんせ フロントにはチェックアウトの時間以外に人がいない

旅館とゆうより民宿感が漂っているお宿?

でもロビーは囲炉裏なんぞがありおしゃれ感はある

画像


画像


画像


画像


画像


案内された部屋からの眺望は、変哲もない山が見え・遠くに海が少し見えるだけ

特別室からは、海の見える眺望がありそうだ

お風呂は温泉(引き湯) でも温まってよいお風呂だった

いつ入っても大浴場独り占め  これはいいですねぇ!!!

でも ビックリはつづきます

朝湯は 6〜9時と書いてあったので 6時半頃お風呂に行ったらまだ蓋がしてあった

えっと思いながらも自分で蓋を取り 入浴済ませたころ

例のおばあさん(おかみさん?)がバタバタバタ・・・すんません 寝坊してしまいましたと浴室に入ってきた

あっけらかんと誤っているので笑ってしまった

朝食は8時か8時半 少し遅めです

お客さん5室12名  4組が夫婦連れ 1組が男性(おじさん4名)

おじさま方は結構遅くまで飲んでられたので、きっと疲れられたんだろうなぁ(笑)

送りは10:00  いっしょでお願いしますとお宿から

別に急ぐ旅で無し  もっとゆっくりでもええんやけれど

いろいろビックリしたお宿 お食事は美味しかった

料理の宿  何も足さない 何もひかないがもっとうのお宿 

親父は料理にうるさい頑固モンだそうです

炭火焼き料理に船盛のお造り 天ぷら うにの釜めし等々

食べきれない量が出てきました

食べ残していたら「おにぎりにして夜食にでもしてください」とラップを持ってこられた

画像


牡蠣2個は、もう網の上です

半分に切られながら 網の上で伊勢エビが動いています

画像


画像



画像



タイの兜煮 天ぷら ウニの釜めしと続きます

朝食も夕食も満足の料理でした

画像


画像



こんな朝食でした

サービス過剰のお宿の多い中、こんなお宿も良いのかなぁと思いました

帰ってから友達に面白おかしく思い出話が出来ました

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 6
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス
面白い
かわいい

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
お宿も良しですね
ホテルもいいですが こうしたお宿も思い出になりますね
わたしは 泊まった宿の感想アンケートを 必ず書くのですが お宿との出会いも楽しいものですね
メミコ
2018/11/14 11:17
メミコさん
私もよく書いてます   ここのお宿はかなりユニークだと思いました  口コミはこれから書くつもりです
がにちゃん
2018/11/14 17:03
さすが料理の宿を唄うだけあって、料理がもう海の幸 炭火焼ですか@@ 美味しそう^^
しゃっちょこばったホテルより、こういうユニークで面白い旅館宿の方が思い出に残りますねえ^^
つとつと
2018/11/15 20:36
つとつとさん
そうなんですよね  後々結構面白おかしく思い出話に花が咲いています
  
がにちゃん
2018/11/15 23:11

コメントする help

ニックネーム
本 文
南鳥羽 料理の宿 銀鱗 気の向くままに/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる