令和元年伊勢の旅 内宮

外宮から直通のバスで内宮へ
衛士見張所の隣に案内所 ここで地図をGETして、内宮は流石に広いのでトイレはここと御厩に行くまでとその奥の3か所あります
五十鈴川にかけられた宇治橋を渡り右方向へ神苑の松が素晴らしい 流石の感じがします
心身ともに清らかになるような気がします
内宮 (1).JPG
内宮 (2).JPG
内宮 (3).JPG
内宮 (4).JPG

大正天皇お手植えの松や古札納所を過ぎて、手水舎で手口を漱ぎ 五十鈴川御手洗場へ
雨の少ない梅雨とはいえ、五十鈴川の水嵩が増えていて・・・川の水に直ぐに手が届きました
内宮 (6).JPG
せみ時雨の中を、正宮に向かっていくつかの鳥居を超えて
神楽殿で、お守りさんを見たりお札さんを探したりしながら
五丈殿・御酒殿・由貴御蔵過ぎ正宮へ

石段を一歩上がると撮影禁止です
社殿の中心の正殿は4重の垣根に囲まれているそうです
唯一神明造りの古代様式を伝えています
茅葺の屋根には10本の鰹木がのせられているそうです
4本の千木の先端は水平に切られています
正殿手前の道を奥に荒祭宮・・・天照大神の荒御魂をまつる別宮そうです
内宮 (9).JPG
内宮 (10).JPG
内宮 (11).JPG

外幣殿・忌火屋殿・御稲御倉とお参りして五丈殿へ出てきました
神楽殿横を西へ 御厩・参集殿・子安神社・大山祇王社  ここにも衛士見張所

何か違う雰囲気のある外宮・内宮の参拝を済ませて

心清らかになった私???です

帰りは、猿田彦神社へ

バスに乗って行ったらすぐそこのようでしたが・・・以外に歩くことになりました
内宮 (12).JPG内宮 (13).JPG内宮 (14).JPG

宇治山田行のバス停が二か所ある
どちらが良いのか判らないので、取り敢えず人の待ってられる方で待つことに・・・あら目の前をバスが行
あっちのバス停が直通のバス停だったのだぁ~(ガクッ)

待つこと20分  駅で帰りの特急券を買うことに
「しまかぜありますか」「今日はしまかぜは走ってません」・・・伊勢志摩ライナーで帰る事に

京都駅で夜ごはんを済ませ、Tちゃん二人旅は終了です

メチャ楽しかったやじきたの旅でした




ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2019年07月18日 19:04
内宮・外宮廻って見も心も爽やかに^^
そうか、いつも片方だけだから僕にはご利益がないのかなあ。。。
 温泉にお伊勢さん巡り身も心もリフレッシュですねえ^^友達との楽しい旅が伝わってきました^^
がにちゃん
2019年07月18日 23:48
つとつとさん
そうですよ(笑) 外宮から内宮へ 一度にお参りして 心身ともに健やかに(^^♪  是非是非お参りしてください