着物 プロジェクト

10/16~18日 京都京セラ美術館でいまじんワンワードの「世界はきっと、ひとつになれる」が開催されていました

入場無料 要予約 17日 15:30の予約が取れたので行ってきました

オリンピックに合わせて 日本中の着物関係者の協賛で世界196か国をイメージした帯と着物の展示がされています

一部写真を載せます

何処の国をイメージしたのか判りますか

IMG_1627.JPG
IMG_1626.JPG
IMG_1628.JPG
IMG_1634.JPG
IMG_1644.JPG
IMG_1647.JPG
IMG_1667.JPG
IMG_1668.JPG
IMG_1675.JPG
IMG_1675.JPG
IMG_1684.JPG
IMG_1684.JPG
IMG_1686.JPG

IMG_1669.JPG
ガラのどこかに国の特徴が描かれていますよ

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 8

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント

2020年10月25日 11:38
昨年末から春先だったかに、加賀友禅作家の作品が完成したと2か国の作品はニュースや地元番組でみていました^^着物ならでは美しい柄に@@;デザインした方が全く知らない国で、ひたすら勉強したとおっしゃってました。ウクライナとイスラエルだったかなあ。。。国の名前は知ってても。。何が特徴と云われると。。染色も色に気を遣うでしょうし、苦労が偲ばれますねえ
196か国の作品が一堂に並ぶ企画は凄いなあ 間近で観たいなあ、、そして各国の女性がこれらの着物を着た姿、観てみたいものですねえ
 
がにちゃん
2020年10月25日 12:35
つとつとさん

素晴らしいものでした
作者の方が、お知り合いの方にいろいろ苦労はなしをされているのを横で聞き
うわぁ~ 大変だったんだと思いました
見ていたら チョット着物柄には向かないかなぁと思う着物も、着てられる写真を見るとやっぱりなじんでいる  おお!さすが!!です
結構若い着物作家さんがたくさんいられて 着物文化もまだまだ大丈夫かなっと思いました