桂離宮 ⑩ 御輿寄

書院の玄関です

前庭は杉苔で覆われていました

中門から切り石を敷き詰めた延段が御輿寄に向かって延びています

今までの苑路とは違って切り石の硬さのある構成で石段を4段上がると1枚石の大きな沓脱があります

沓脱には6人の沓が並べられるので「六つの沓脱」と言われているそうです

御輿寄 (1).JPG
御輿寄 (2).JPG
御輿寄 (3).JPG
御輿寄 (4).JPG
御輿寄 (5).JPG
御輿寄 (6).JPG
御輿寄 (7).JPG
この道幅も松の方向へ行くほど狭くなっています

御輿寄 (8).JPG
御輿寄 (9).JPG
御輿寄 (10).JPG
御輿寄 (11).JPG
御輿寄 (12).JPG
最初の場所に帰ってきました
小1時間の庭園鑑賞
是非 水が入ったらまた来てみたいものです

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント

2021年03月26日 18:52
日本庭園をこの様にじっくり拝見した事が無いですが、
克明に記録された桂離宮シリーズが10回を重ねて、凄いですね。
松の方へ誘う道も工夫して、より遠近感が感じるようになっています。
水が入った時にまた紹介して欲しいです。
がにちゃん
2021年03月28日 13:20
アルクノさん
池に水が入った時の桂離宮

私も是非見てみたいので 機会が有ったら行って見ます

その時は宜しく