桂離宮 ① 表門・御幸門

後陽成天皇の弟・八条宮 初代智仁親王により、別荘として建てられたものです
元和元年(西暦1615年)の頃に簡素な中にも格調の有る山荘を造られました
桂山荘です
親王没後に荒れ果てていた山荘を二代智忠親王が加賀藩主前田利常の息女富姫と結婚され、財政的な裏付けも出来て、山荘を復興、増築されました。
智忠親王は父智仁天皇に似て、研ぎ澄まされた美的感覚の持ち主だったそうです
寛文2年(1662)頃までにもとからある建物やお庭をうまく調和させて中書院・新御殿・月波楼・松琴亭・賞花亭・笑意軒・などを新増築し、庭や池にも手を加えて、今の桂離宮の山荘の姿にされたのだそうです
桂離宮は一度も火災に遭ってないので、創建当時から新築増築当時の姿をそのまま見ることが出来るのだそうです
ただいま 15年に一度の池の水が抜き 工事中 後1週間ほどで池に水が入るそうです
滅多に見られない桂離宮です
16時の参観予約を申し込んでいたのですが、桂離宮にい到着したら1時間半ほど前 近所に喫茶もなく 桂川河川敷にいるのも寒いし・・・
当日参観の受付で、時間変更をしてもらいました  (空きがあれば変更してもらえます)
手消毒・体温測定・マスク しっかりチェックが入ります
参観料金¥1000のチケットを買って受付へ
参観者休憩室で時間まで
表門と御幸門 (1).JPG
表門と御幸門 (2).JPG
15時 きっかりに案内が始まった
仙洞御所と同じく参観者前後に離宮関係者の方が付かれる
表門と御幸門 (3).JPG
このくぐり戸のようなところから
お庭へ入って行きます

表門と御幸門 (4).JPG


表門と御幸門 (5).JPG
まずは、御幸道を通って、御幸門へ
狭い こんもりした土橋を渡る前に、案内の方が
ここの土橋には手すりがありませんので落ちないようにしてください  道も飛び石を伝って歩きますので 石から足を外さないように 廻りの苔を踏まないようにしてください・・・とお願いされた
たま~に 土橋から落ちられる方があるそうです
今は工事中で池に水はありませんがァ~これ 池に水が有ったら・・・と考えると キヤァ~怖
ソウシャルディスタンスを取って少し間を空けて歩いて行きます
御幸道から御幸門 門をくぐると 遠目に表門が・・・
表門と御幸門 (6).JPG
これからいくつも出てくる土橋
幅が狭いので 気を付けて歩かないと・・・

表門と御幸門 (7).JPG
曲線で描かれている庭・池
池の基礎の杭は普通 木は横に使われるのですが、曲線で造られている ここでは縦に使われています
太さや長さは綺麗にそろっていました

表門と御幸門 (8).JPG
表門と御幸門 (10).JPG

奥が表門
道幅が狭くなっていて 遠くに門があるように見えます
桂離宮はこのような遠近法が多く使われていました
表門と御幸門 (11).JPG
御幸門から表門への道は、表門に行くほど狭くなっています
遠近法が使われているのだそうです
表門はヒノキ丸太を門柱にして磨き竹を隙間なく打ち並べて有ます
御幸門は茅葺切妻屋根を棈(あべまき・・・ワインの栓のコルクのような樹だそうです)とゆう自然木の皮付き丸太で支えて有りそうです
後水尾天皇をお迎えするに当たり智忠親王が造られたと伝えられていますが、その後失われ、家仁親王が再建されました
表門と御幸門 (13).JPG

御幸門をしたから写してみました
この柱が棈の皮を巻き付けたものです
表門と御幸門 (15).JPG
御幸道
ここでも 土橋へ行くほど道が狭くなっています
表門と御幸門 (16).JPG
御幸門

表門と御幸門 (17).JPG
まるでアスファルトのように凸凹していない小石の道
表門と御幸門 (18).JPG

御幸道を戻って 外腰掛へ

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 6

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント

2021年03月26日 09:18
木の素材を素直に出して使用している御幸門、素朴だけど雰囲気があって、これから庭園が始まる雰囲気がかもしだれていますねえ^^
水をたたえた池の印象がありますが、水抜きで池底の清掃兼安定させるんでしょうが、なかなか見られない景色で、ある意味貴重な体験カモ

智忠親王の奥さん富子(昌子)さん、旦那さんが亡くなって、寝込んでいた病が悪化して一か月後に後を追うように、亡くなっています。夫婦仲は良かったようですが、墓所は京都と金沢で別々、皇室の決まりのようですが、ちょっと可哀想かも。。でも、周りに何にもなかったお父さん(利常)の近くに葬られて、10年後にはお母さん(珠姫)も天徳院から移されて、10年くらい親子3人が離れた位置ですが、三人の世界になっていました。野田山の藩主墓所は石川県と前田家の共同管理なんですが、富姫と豪姫は宮内省と大蓮寺管理。前田家では特別な存在ですが、そう思うと、三人だけの時期があるというのはちょっとホッとします。
がにちゃん
2021年03月26日 17:07
つとつとさん
水抜きの池 水が入っている時には、見えない池底がみられて これはこれでラッキーだったのかもと思っています

前田家とのつながりがここにもあったのですね