下御霊神社

糸桜を見に行ったついでに つとつとさんの言っていた下御霊神社へ行って見ようと思い立ち 御所の南 丸太町方面の門から丸太町 東へ歩いて 寺町を下がった 東側に建っています境内に入ると 意外に 建物が傷んでいて 修理中寄付もなかなか集まらない様子 寄付待てないから自前で修理はじめられた様子です可なり荒れ「神物寶庫」 つとつとさんによ…
コメント:2

続きを読むread more

桂離宮 ⑩ 御輿寄

書院の玄関です 前庭は杉苔で覆われていました 中門から切り石を敷き詰めた延段が御輿寄に向かって延びています 今までの苑路とは違って切り石の硬さのある構成で石段を4段上がると1枚石の大きな沓脱があります 沓脱には6人の沓が並べられるので「六つの沓脱」と言われているそうです この道幅も松の方向へ行くほど狭くなっています 最初の場…
コメント:2

続きを読むread more

桂離宮 ⑨  月波楼

表門から始まっていよいよ最後の月波楼に・・・ 古書院の近くの池の高みに建っている茶亭です正面の真ん中あたりが広い土間になっています お月見をするのに1番良い場所なのだそうです土間の右手の部屋からの景色は、池に水があれば 池を眺める景色が素晴らしいものなのだそうです 土間お奥座敷から北方面を見ると行けは隠れて見えなくなります化粧屋根…
コメント:0

続きを読むread more

桂離宮 ⑧  書院

笑意軒からまっすぐ歩いて行くと左手に建つのが書院です 土橋の向こうは園林堂 東から古書院 中書院 楽器の間 新御殿 と 雁行形になっています この中には入れませんでした 外から見てるだけぇ~月見をするための月見台が、古書院二の間の正面にあります広縁から池に突き出すように竹簀子で造られています 月見だけでなく、苑内の主な景観が一…
コメント:2

続きを読むread more

桂離宮 ⑦  笑意軒

園林堂前の土橋を渡り左方向へ(書院と反対の方向です)書院 書院 切り石を直線的に畳んだ汀線に面した田舎風の造りの茶室です 茅葺寄棟造り屋根に杮葺きの廂をついている 間口の長い建物です 縁側の有る口の間の腰高障子の上に6つの丸い下地窓が横並びに設けて有ります 下地の組み合わせはそれぞれ違っているのだそうです 笑意軒の扁額は曼殊…
コメント:0

続きを読むread more

御苑内の白雲神社

糸桜を目で 桃の花を愛で 食事を済ませて さてどこへ 御苑内をうろうろ 「白雲神社」が目に入った 宗像神社の方が有名なのですが小さなこの神社も捨てたものではありませんね 旧西園寺家の鎮守社です祭神は、市杵島姫命 妙音弁財天 音楽の神様として信仰されています 西園寺公経が北山殿造営の時に建立した妙音堂に由来しているそうです 西園…
コメント:0

続きを読むread more

御苑の糸桜

日曜日 暖かな陽気に誘われて お散歩 いつものように 気の向くままに 何処へ行く 早咲きの盲学校の桜が満開になっている そうだ 御苑の糸桜がもう咲いているかもしれない・・・ 市バス 同志社前下車 すぐの門から少し西より南に 早咲き 中咲 遅咲の糸桜があります 京都市内で最初に咲きだし 最後まで咲いているように思える糸桜です …
コメント:0

続きを読むread more

桂離宮 ⑥  園林堂

賞花亭の山裾にあります 本瓦茅葺宝形造り屋根の持仏堂です 今は、安置されている仏様はありません 離宮全体の雰囲気とは少し違っている建物ですが、それはそれなりの景観になっています 扁額は後水尾天皇の宸筆です 飛び石が終わり切り石の境 結界だそうです向いに笑意軒土橋を渡っていきます
コメント:0

続きを読むread more

桂離宮 ⑤ 賞花亭

松琴亭から飛び石に導かれて小高い斜面を進んでいくと(中島の一つ)途中に水蛍と名前の付いた石燈籠があります 登り切った峠に茶屋風の賞花亭が建っています 苑内で最も高い位置に立っています 松琴亭と同じく 北に向いて建っています 消夏の為の小亭です  風通しの良い建物です 茅葺切妻屋根に皮付きに柱 南側には竹の連小窓 前には海 後…
コメント:0

続きを読むread more

桂離宮 ④ 松琴亭

桂離宮には有名な茶室が多くあります なかでも もっとも格式の高い 茅葺入母屋造りの茶室が「松琴亭」(しょうきんてい)です 1本の切橋を渡ると松琴亭です 松琴亭の茶席に入れなかった方が待つ建物がだそうです松琴亭は海 待合所は山の中・・・屋根の妻に「松琴」の扁額が上がっています御陽成天皇の宸筆です 銘は、拾遺集巻八雑上の「琴の音に …
コメント:0

続きを読むread more

桂離宮 ③ 州浜

外腰掛から松琴亭に行く途中に 本来ならば池に敷き詰められて顔を出している石 工事中の事 ブルーシートにきれいに並べて有りました この辺りは、天橋立の景色を模して造られているそうですが・・・ 池に水が無いので あまり何かわかりません こんなかんじになっていました 飛び石を渡っていると 水の無い池が見えてきました 桂離…
コメント:0

続きを読むread more

桂離宮 ② 外腰掛

御幸道の中ほどから左に折れ離宮苑内に入って行きます茅葺寄棟造りの外腰掛の建物があります お茶席へ行くまでここで待っている所です 建物は深々とした感じの屋根を皮付き丸太で支えてあるだけの吹きさらしです 雪隠はあります(笑) 茶室 松琴亭の待合腰掛です 腰掛の前に道は、自然石と切り込み石がうまく配置されています 自然石は自由 切…
コメント:0

続きを読むread more

桂離宮 ① 表門・御幸門

後陽成天皇の弟・八条宮 初代智仁親王により、別荘として建てられたものです元和元年(西暦1615年)の頃に簡素な中にも格調の有る山荘を造られました桂山荘です親王没後に荒れ果てていた山荘を二代智忠親王が加賀藩主前田利常の息女富姫と結婚され、財政的な裏付けも出来て、山荘を復興、増築されました。智忠親王は父智仁天皇に似て、研ぎ澄まされた美的感覚…
コメント:2

続きを読むread more

御霊神社

桂離宮の参観に当選 16:00からの参観 京都駅でランチ(グランヴィア京都 浮橋) Go-Toイートポイントが4600Pくらい これを使って 一休レストランCOMで 予約 3500円の花籠ランチが2800円に ポイント使って お支払いは二人で1224円 33号系統 13:47の洛西バスターミナル行に乗車  14時10分台で到…
コメント:2

続きを読むread more

町内役員・・・さてどうなる

今年は御町内の役員が廻って来る年です 町内は、3組に分かれていて 各組から1軒順番に役員が廻ってきます ここ2・3年 いろいろ訳があって 役の順番が飛ばしたり戻したりと・・・ 今年の役員の年齢 79歳 78歳が3人 75歳が一人 後期高齢者の寄り合いです さて誰が会長を持つ? と言っても 79歳の方はもう大病持ちでとても無理…
コメント:2

続きを読むread more

仙洞御所 ②

大宮御所 御常御殿 阿古瀬淵 六枚橋 鎮守社と歩きながら 北池を回っていき 鷺ノ森 紅葉橋を渡り南池女滝狭い水路はなめ滝のような感じでした 八ッ橋(工事中)は藤棚のトンネルになっています お琴に似ているとか、お琴の名手 八つ橋検校 からつけられた橋の名前です 京都の銘菓 八つ橋も理由は同じ向いにある滝が男滝アオサギが飾り物のように…
コメント:2

続きを読むread more