テーマ:観光

廃線ハイキング

阪急宝塚下車 JR宝塚に乗り換えて 1駅 生瀬下車 余りの青空に誘われて 生瀬から武田尾迄 廃線ハイキングを歩くことに 一応 そんなこともありかと軽登山靴だけは履いてきました(笑) 駅員さんに方向を聞いて スマホで地図を出し 出発です いきなりの国道 狭い歩道 身体すれすれのところを大型トラックがビユーと追い抜いて行きます ち…
トラックバック:0
コメント:7

続きを読むread more

大原散策 ③ 寂光院の里

大原バス停裏から橋を渡り寂光院の里へ 道にはかわいい道祖神が・・・のんびりと里ウォーキング 本当に人が居ない 時折会うのがうれしい感じです もう少しして紅葉が進めば、大勢の人が来られるのでしょう 今は沸いていなかった泉です平安の昔を思い浮かべて朧の清水を( ^ω^)・・・ 大原温泉 大原山荘  お風呂に入って帰るか…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大原散策 ③ 寂光院の里

大原バス停裏から橋を渡り寂光院の里へ 道にはかわいい道祖神が・・・のんびりと里ウォーキング 本当に人が居ない 時折会うのがうれしい感じです もう少しして紅葉が進めば、大勢の人が来られるのでしょう 今は沸いていなかった泉です平安の昔を思い浮かべて朧の清水を( ^ω^)・・・ 大原温泉 大原山荘  お風呂に入って帰るか…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

大原散策 ② 里山散策

音無の滝(律川・・・前回の記事で呂川と書いていましたが訂正します)から元来た道を引き返し三千院へ 樹木の天辺だけ真っ赤に紅葉しているモミジが青空に映えてとってもきれいでした 門前には、多くのお店が・・・今は開店休業状態です コロナの前は、歩くのもやっとの感じだったのですが・・・寂しいですね   休業していられるお店もちらほら …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

大原ウォーキング ① 音無の滝

さわやかなお天気 チョットお出かけ 大原方面へ 地下鉄で国際会館駅から京都バスで大原へ 11:11発 30数分で大原到着  公衆トイレあり 信号を渡って 三千院方面へ呂川を左に舗装してあるとはいえ 結構な登りですお土産屋さんが続く道ですコロナの為か平日の為か休業中のお店がたくさんありました                    出…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

別府公園

最終日はそれぞれ自分の行きたいところへ行こうとゆうことに 若い夫婦の活動的な動きにはついて行くのが少ししんどい時が出てきました 第一候補は杵築の城下町 以前に行ったと言い出した旦那 却下された 行ったのはここじゃないんだけれどもなぁ まぁ 街並みが似てるし仕方ないか 第2候補 宿からタクシーで別府ロープウェーで鶴が岳 夜中に…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

地獄蒸しと泥湯と海地獄

9/19  連休初日 今日から2泊3日の別府の旅です 5:38 始発の市バスで京都駅へ  息子家族と待ち合わせて 6:55の「のぞみ75号 博多行」で小倉まで 大阪でほぼ満席になった 小倉で乗り換え 9:48 ソニック9号で別府へ 車両が古いのかすごく揺れた 座席もいまいち座り心地が良くなかった 10:56 別府着 さぁ …
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

日本3文殊 智恩寺

1000円ゲット 乗車電車迄 1時間 有り余るほどの時間ですお土産でも買うことにまずは、智恩寺へ数々のチケットのお礼に知恵ではなくてチケット・・・です とあるお店で干物を買うことにこのチケット使えますか・・・ここでも 珍しいのか チケットやてぇ~ と持っていかれた渡したチケット忘れて 行ったの店を出たけれど もう一度戻って買い物3…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

キャンペーン利用しての旅

毎年7月の末に行っている夏旅行 今年は平湯温泉2泊の旅の予定だったのですが、豪雨とコロナで取りやめしました でも やっぱりどこかへ・・・とゆうことで  ① 京都のお宿で魅力再発見キャンペーンや② 京都市民限定キャンペーンを使って府内の旅に 天橋立へ1泊で行ってきました1泊2食 温泉露天風呂付和室 一人 ¥29000弱 ①+②=…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

旧三井家下鴨別邸

日曜日 昼前に雨が上がったので 散歩に 今日はどこまで行こうかなっ 涼しい木陰の在る所・・・ 下鴨神社 糺の森へ 59の市バスで府立病院前まで乗車 鴨川の右岸を北へ散策 梅雨に入って鴨川の水量は大変多くなっていた 出町橋まで 下鴨神社に向かって歩いていると、重要文化財 旧三井家下鴨別邸が目に入った 一度来てみたいと…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

仁和寺 観音堂 落慶

仁和寺観音堂の保存修理事業の完成に伴い幻の観音障壁画が初公開されました。 公開期間が12/8迄延長されたので、金曜日に行ってきました。 未公開だった観音堂 壁画は綺麗に残っていました。 本尊先手観音菩薩立像を中心に28部衆立像など全33体が一堂に公開さてました。 御坊さんの説明を聞いて、堂内一周 裏側の六道図も色鮮やかに残ってい…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

京都秋真っ盛り ⑥ 赤山禅院

ランチタイムが終わるころには曼殊院は長蛇の列 ボチボチ 退散することに 曼殊院天満宮からきらら坂方面へ 川沿いを西へ下って林丘寺を川向いに見て 修学院後安堂辺りで橋を渡り、禅華院を過ぎ 修学院離宮へ 高齢のオジサンが、警備員さんに「入れない」か聞いている様子 「朝 7時には、長蛇の列 この時期 今頃に来ても無理です」と残念そう…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

京都秋真っ盛り ⑤ 曼殊院

鷺森神社からのどかな里を山(東)に向かって 真っ赤に紅葉した満天星の庭木ひときわ目を引いています 遠くにきれいん紅葉した小山を眺め ぶらりぶらり  曼殊院着 ここまで来るといっぺんに人が増えますね 以前は茶店があったのですが、今日は締まっていましたお庭のモミジはもう終わりかけていました傾き始めた陽の光に紅葉が映えていました…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

京都秋真っ盛り ③ ~無鄰菴~

南禅寺から人込みを避けて一筋西(野村美術館の裏通り)を歩くことに ほぼ 人通りのなく静かな道になりました ほんの一筋違うだけでこんなに違うかと思うほどです 裏道を北へ 南へ 西へ で 動物園の裏通りに出てきました 岡崎です ここまで来るとまた人人人になります 秋の無鄰菴に行った事が無かったので散歩の最後に無鄰菴に行く事に お…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

国宝 大崎八幡宮

瑞鳳殿参拝した後、JRの乗車時間までまだ2時間ばかりあるので、るーぷるバスで大崎八幡宮へ行く事にした。 仙台総鎮守として伊達政宗はじめ歴代の藩主や仙台城下の人々も厄除け・除災招福や必勝祈願された八幡宮です。 安土桃山時代の国内唯一の遺構だそうです  国宝建造物に指定されています 八幡宮の前にバス停がある 一之鳥居 続いて宮城県指定…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

下鴨神社 光の祭

友達の娘さんから、きれいやったし見てきたら・・・と勧められて行ってきました 下鴨神社 糺の森 光の祭 ネットの口コミでは、運営のまずさに非難の口コミが多く出ていました 土日と休みの前日は、絶対に満員だからと教えてもらったので・・・月曜日に行く事に 19時頃に下鴨神社に到着 あ~ら もう 人人人でいっぱいですやぁ~ん 廻り見回…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

令和元年伊勢の旅 内宮

外宮から直通のバスで内宮へ衛士見張所の隣に案内所 ここで地図をGETして、内宮は流石に広いのでトイレはここと御厩に行くまでとその奥の3か所あります五十鈴川にかけられた宇治橋を渡り右方向へ神苑の松が素晴らしい 流石の感じがします心身ともに清らかになるような気がします 大正天皇お手植えの松や古札納所を過ぎて、手水舎で手口を漱ぎ 五十鈴川御…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

令和元年 伊勢参り 外宮

9:00発のバス 友達が探し物をしていてちょっと遅れて出発になった 近鉄賢島に到着したら あぁ~ら 普通電車は出たところ 次発まで30分ほどある駅2階にあるサミット会館に行って見よう サミット会場で使われていたテーブルとイス 「これは本物です」と関係者の方が言っていられた写真写してもらったり 当時の話を聞いたり 豪華なお土産の中に、地元…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

ひるがの高原 牧歌の里

3日目 ロープウエイで真っ白な穂高を見ると思っていたのですが・・・ まずは、福地温泉の朝市らしき店へ 山葵畑と紅しだれ桜がとってもきれいでした 本日は子供中心に動くことに、帰り道にある ひるがの高原 牧歌の里へ 2年前にもよった所です 今回は、3分咲きのチューリップ・ムスカリなどの花も咲いていて…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

初春の上高地

1泊目 平湯温泉 ペンション木之下泊 小さな美術館&美味しい食事のお宿です(後日 記事書きます) 事故渋滞にはまって、宿に着くのが遅くなったので、お風呂と食事で何もせず 後は皆さん爆睡です。 朝食7:30予約 何と目が覚めたら7:00回っていました 夕食程の朝食を食べて、いざ 上高地へ・・・ 準備をし…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

令和 初旅

5月1日 昨夜からの雨  日の出前 5時出発 一路 高山へ 春・秋 両方の山車が一度に見られる と期待していったのですが 雨のために中止 それでも、歩いて3基観てきました 高山に着いた時には、可なりな雨足 市内観光楽しみにしていた嫁ちゃんが「観光後回しにして先に飛騨の里でいろいろな…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

粟田神社

岡崎~細見美術館~インクライン~国際交流センター~無鄰菴 と歩いて 円山公園に向かっています 途中 粟田神社に寄り道  参拝です 刀剣乱舞~ONLINEで登場する刀「三日月宗近」「一期一振」所縁の地とか 刀の神様をも祀る粟田神社は「とうらぶ」ユーザーの聖地となっているらしいです そういえば、昔は考えられなかった若…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

住吉大伴神社

同窓会集合時間まで少しあるので、市バス龍安寺で途中下車 歩けるだけ歩いてみようとぶらぶら歩き始めた 良く散歩にくるこのコース きぬかけの道です 石庭で有名な龍安寺から仁和寺に行く途中に「住吉大伴神社」が建ってます 右京区龍安寺町住吉町 古代豪族、大伴氏の氏神に住吉大神を合祀したと伝わっている神社で…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

嵯峨野  平安郷

4月1日  高校クラスハイキング同窓会 と言っても、最近足が悪い 腰が悪い 体調が悪いでほぼ歩く事の無いハイキング同窓会です 山越え集合 歳を重ねると、皆さん自由気ままになりましてぇ 皆が待っているのに、間違って降りたから歩いて行く・・・で待ちましたわぁ やっと全員集合16名 今回は女性の方が少し多かったよ…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

3/31の背割りの桜

31日 朝からの好天気 歩く気満々で用意していたら 「今日家にいるか」と二男から 「ちょっと歩きに行くけど 何時ごろ来る」「昼過ぎ」 「歩きにいこと思てるんやけど 行くか」 どうも お母ちゃんが日曜出勤で一人で子供のお守りの様子 で12:40 西院で待ち合わせ 背割りの堤へ花見に行く事に 何…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

御所の糸桜

昨日 天皇陛下と皇后陛下が愛でられた御所の糸桜 元近衛邸跡地にあります 烏丸今出川か同志社前でバスを降ります 満開と新聞に出ていたので行ってきました 昨年の台風21号の影響か、今年の糸桜は花が少なく少し寂しい気がしました それでも、多くの観光客と市民が京都で最初に咲く桜なので大勢の人が花見を楽しんでいられま…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

大阪の夜

コンサートの帰りは、四つ橋線で西梅田へ 高級ブランドのお店が・・・よくよく見れば「7階は劇団四季の劇場やん」 以前 桜橋口から出ないで、迷子状態 徒歩3分を1時間かけていったところやぁ~ん 道路挟んで大阪駅が・・・ 大阪駅があればもう安心 暫くこの辺りをうろうろしてみることに 高いビルなんぞが無い京都のお上…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

智恩寺(文殊堂)界隈

知恵の湯の後、今年1年生になる孫のために 智恩寺(文殊堂)へお参りです 三人寄れば文殊の知恵 家族5人でお参りすれば、もっとご利益があるかなぁ~ お線香も上げてお参り もちろん お賽銭も・・・ ちゃんとおまいりできたかな? 相変わらず走り回っています  皆様ごめんなさい  昔ほどで…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

天橋立ビューランド

雪の無い京丹後 本当に珍しい事ですとお宿の方が 10時チェックアウト  お宿の方に見送られながら出発です どこ行く?と息子が せっかくここまで来たから海の方へ  ジオパークとかあるらしいし もっと半島の橋を走るのかと思ったら、田畑の真ん中の道 海はどこじゃ状態です 山道をくねくね  対向車が来たら何処へよけると心…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

紀伊田辺の旅   闘雞神社

おとなびのお得切符 この切符 京都~新大阪間「はるか自由席」がつかえます はるかに乗っていくと新大阪でくろしおに乗るのに同じホームなので便利です 紀伊田辺到着は13:30頃なので車内でお昼は済ますことに 車内販売は無いこの電車 持っていかねば 友がパン 私がおにぎりと事前に話していたのとは全く逆に 友…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more